沿革

 
昭和22年04月01日 故会長 大野 明が広島市中区流川にてスポーツ用品の小売業を始める。
昭和33年11月15日 同上場所に株式会社体育社を設立し、その業務一切を引き継ぐ。
昭和47年10月31日 資本金を400万円とする。
昭和48年10月31日 資本金を600万円とする。
昭和50年05月01日 本社を広島市中区三川町に移転。
昭和52年10月31日 資本金を1000万円にする。
昭和54年09月22日 東広島市西条町に体育社東広島店を出店。
昭和60年11月01日 代表取締役社長に大野裕志就任。
平成元年11月09日 建設業許可認可。(広島県知事 般-22 第22810号)
平成08年04月11日 資本金を2000万円にする。
平成08年04月16日 呉市本通6丁目に体育社呉店を出店する。
平成09年06月01日 外商部業務拡大により西区三滝町18-4に移転する。
平成14年04月20日 山口市鰐石町に体育社山口店を出店する。
平成14年11月22日 西条店の改築を機に名称を東広島店にする。
平成18年08月18日 山口店を防府市に移転する。
平成21年08月14日 岩国店を岩国市に新規出店。
平成26年11月01日 代表取締役社長に大野昌志就任。